HOKUEI NEWS

歯科衛生士と歯科助手さんの資格の違いご存じですか?

歯科衛生士と歯科助手さんの違いをご存じですか?

歯科医院に行った際に同じ白衣を着ていることもあるので見た目だけではわからないことがほとんど

ですよね。

実は、歯科助手は高校生も社会人も雇用されればなれる職業であるのに対して、歯科衛生士は厚生労働省の歯科衛生士国家試験に合格した者だけが取得できる職業なのです。

この違いはとても大きく、歯科医院で働く女性が「歯科助手」なのか、「歯科衛生士」なのかで行える仕事内容が全く異なります。

その歯科助手と歯科衛生士の仕事内容の違いをご説明します。

 

〇歯科助手の業務内容とその仕事

「歯科助手の資格がとれる!」と耳にしたこともあるかと思いますが、
実は歯科助手として募集されている歯科医院に応募し、採用されれば民間資格を持っていなくても誰でも歯科助手になることができます。

それでは、歯科助手の業務内容についてみてみましょう。

・歯科医師への器具の受け渡しや準備をする
・歯科医院での受付・会計
・カルテの整理(記入はNG)
・歯科医院の掃除
・器具の滅菌
・患者さんの導入、お話を聞く

基本的に、患者さんの口に触れることはできないので、診断・治療に関わる行為がNGです。

〇歯科衛生士の業務内容とその資格

歯科衛生士とは厚生労働省が認める国家試験を合格したものだけが一生涯得られる資格です。

このため、歯科医師と同様、患者さんの口の中に触れることができます。

具体的な仕事内容として、以下のような行為を行うことができます。

・患者さんの歯の型を取る

・患者さんの歯石とりをする
・患者さんにブラッシング指導(歯磨き指導)をする
・歯科医師の診療補助をする(器具の受け渡し、準備など)
・歯科医師の指示に従い、カルテの記入をする(歯科医師の指示がある場合のみOKです)
・歯科医師の指示に従い、仮歯を調整したり、プラスチックの歯を詰める

 

 

 

✖歯科衛生士でも行ってはいけない行為は以下のものがあります。

・虫歯や歯周病の診断を行う(診断=医師・歯科医師のみ)

また、歯の根の治療や、歯を削る
・レントゲン撮影をする(X線撮影=医師・歯科医師・放射線技師のみ)
・歯肉に注射(麻酔等)をする
(海外の歯科衛生士には許されている国もありますが、日本では歯科衛生士が行うと違法です。)
このように仕事内容の違いがありますが、歯科衛生士は、患者さんと触れ合い、治療に関わっていく事ができます。

歯科助手のバイトをしていて、興味がわいてもっと勉強したいと歯科衛生士の学校を目指す人はとても多いです。

そして、そういう人ほどモチベーションが高いので、歯科衛生士として活躍していく傾向にあります。
社会人でも歯科衛生士を目指す人はとても多いのです。

現在、すでに社会人や主婦などで歯科衛生士に興味がある方は、すぐに諦めずにまずは学校に問い合わせてみることをお勧めします☆

〇歯科衛生士になるには

歯科衛生士になるには、歯科衛生士を養成する専門学校や短期大学を卒業する必要があります。

カリキュラムは学校により様々ですが、本校は国家試験対策に力をいれていることで開校以来100%の合格率を11年連続保することができています!

北海道歯科衛生士専門学校は昼間部と夜間部があり、ライフスタイルにも合わせた学びが可能です。

自分にあった学校を選ぶために、まずは北海道歯科衛生士専門学校の資料を請求してみよう!

 ←コチラをクリックしてね

 

HOKUEI NEWS一覧