ホーム > 奨学金・各種支援制度

奨学金・各種支援制度

学費バックアップ支援制度

各種減免制度、学費支援体制を充実し、夢に向かってがんばるあなたを強力にバックアップします。

  • 推薦入試制度推薦入試制度
  • 奨学金・給付金奨学金・給付金
  • ひとり親家庭の方へひとり親家庭の方へ
推薦入試制度

AO入試・各種推薦入試
による免除特典

昼間部

◯AO入試【専願】

対象者

高校生
社会人

事前に体験入学や進学相談会に参加し、エントリーした方は検定料2万円と、入学金10万円が免除となります。
詳細はお問い合わせください。

免除額12万円

◯指定校推薦入試【専願】

対象者

高校生

本校の指定校となっている高等学校から推薦入試で入学される場合、検定料2万円と、入学金全額20万円が免除となります。対象となる推薦選考基準など、詳細については本校へお問い合わせください。

免除額22万円

◯学校推薦入試

対象者

高校生
社会人

在学あるいは出身学校(高校・大学・短大・専門学校)の校長から推薦を受けると、入学金10万円が免除となります。

免除額10万円

◯歯科医師推薦入試

対象者

高校生
社会人

歯科医師からのご推薦がある方は、入学金10万円が免除となります。

免除額10万円

◯社会人推薦入試

対象者

社会人

勤務先の長、もしくはこれに準ずる人から推薦を受けると、入学金10万円が免除となります。

免除額10万円

◯自己推薦入試

対象者

高校生
社会人

自己推薦書に志望理由や将来の希望を含め自己アピールを記入すると、入学金10万円が免除となります。

免除額10万円

夜間部

◯歯科医師特別推薦入試

対象者

社会人

歯科医院に勤務している方で歯科医師からのご推薦がある方は、検定料2万円と、入学金全額20万円が免除となります。

免除額22万円

◯歯科医師推薦入試

対象者

高校生
社会人

歯科医師からのご推薦がある方は、検定料2万円と、入学金10万円が免除となります。

免除額12万円

◯社会人推薦入試

対象者

社会人

勤務先の長、もしくはこれに準ずる人から推薦を受けると、入学金10万円が免除となります。

免除額10万円

◯学校推薦入試

対象者

高校生
社会人

在学あるいは出身学校(高校・大学・短大・専門学校)の校長から推薦を受けると、入学金10万円が免除となります。

免除額10万円

◯自己推薦入試

対象者

高校生
社会人

自己推薦書に志望理由や将来の希望を含め自己アピールを記入すると、入学金10万円が免除となります。

免除額10万円
奨学金・給付金

教育訓練給付制度
(専門実践教育訓練)

社会人を対象としたキャリアアップを
支援する制度です

最大合計168万円給付
  • ●厚生労働大臣が指定する専門講座を受講し修了した場合、教育訓練費の一定割合額をハローワークから支給する制度です。
  • ●受講者本人が事前にハローワークへ申し込みをする制度です。詳細はお近くのハローワークへお問い合わせください。
支給対象者 ●初回受給の場合
講座の受講開始日までに通算して2年以上の雇用保険の被保険者期間を有している方
●2回目以降として受給する場合
前回の受験開始日から次の専門実践教育訓練の受講開始日前までに、通算して3年以上の雇用保険の被保険者期間を有している方
支給額
(受験者が支払った
訓練経費×右欄の割合)
最大70%
(受講中は50%、受講修了日から1年以内に資格取得等し、かつ、雇用保険の被保険者として雇用された又は雇用されている場合等には20%が追加支給されます)
支給額の上限 最大48万円
(受講中は、32万円/年、上記20%の追加支給を受けた場合にあっては48万円/年となります)
支給期間 3年間
(原則2年ですが、本校は資格につながる講座のため、最長3年となります)

奨学金(日本学生支援機構)

高校生・社会人の進学を
支援する制度です

月額最大12万円貸与
  • ●独立行政法人 日本学生支援機構(旧・日本育英会)の奨学金制度に、学校を通して申込ができます。
  • ●毎月、3・5・8・10・12万円(第二種)から選択。
  • ●高校生の方は、在学中に予約採用への申込みをお勧めします。
ひとり親家庭の方へ

高等職業訓練促進給付金

ひとり親家庭の方を対象とした
キャリアアップを支援する制度です

最大10万円給付
  • ●母子家庭の母又は父子家庭の父の経済的な自立を支援するため、高等職業訓練促進給付金、高等職業訓練修了給付金が支給される制度です。
  • ●受講者本人がお住まいの自治体へ申し込みをする制度です。詳細はお住まいの自治体の窓口へお問い合わせください。

高等職業訓練貸付金

入学準備金

最大50万円貸付
  • ●札幌市にお住まいの方で高等職業訓練促進給付金受給者は、高等職業訓練貸付金を利用することができます。
  • ●養成機関を修了し、かつ、資格を取得した日から1年以内に就職し、札幌市内で取得した資格が必要な業務に5年間引き続き従事したときは、返還が免除されます。
  • ●詳細は札幌市子ども未来局のページをご参照ください。