Aug/2019 Back <<< >>> Next
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
夜間部 春の交流会
夜間部の2年生と3年生合同の交流会が行われました。


毎年、春の交流会では2年生と3年生の交流を
より深める為に2学年合同で行っています。

2年生、3年生混ざってチーム分け


今年は各テーブルでパスタを作りました。

クリームパスタを作りました


同じレシピ、同じ材料でも出来上がりが微妙に異なり
それぞれの個性が出た美味しいパスタでした。

和風ツナパスタも美味しかったで〜す


全員でカンパーイ


『質問タイム』ではこれから本格的に学外実習が始まる2年生からの
不安いっぱいの質問に、3年生が優しく丁寧にアドバイスし
激励の声をかけていました。

質問者の2年生


アドバイスしている3年生




身近にとっても頼りになる先輩がいて、安心ですね♪


  ********** **********


1年生は入学して1ヶ月が経ち、クラス内の交流を深める為に
クラスの交流会を行いました。

みんなで協力して作ってます!


1年生はみんなでお好み焼きを作りました。


ふわふわで美味しかったです


出来上がったお好み焼きを食べながら、自己紹介をしたり
チーム対抗でゲームをしたり、楽しい時間となりました。






ゲームはお絵かきゲーム!!


みんな、絵が上手でしたね・・・



これから、3年間このクラスで歯科衛生士という目標に向かって
みんなで協力し合い、励まし合い 有意義な学校生活を送ってもらいたいです。
学生生活 : comments (x) : trackback (x)
★メリークリスマス★
今年も残すところ、2週間程となりました。
先日、降った雪が学校の周りをすっかりと冬景色に変えています。

北衛では恒例のクリスマスツリーが1階図書室に飾られました。

今年は教務が飾り付けをしました


キラキラしたツリーが図書室に現れると
クリスマスが近づいてきたワクワク感が一気に学校内に広がります。



特に周りが暗くなってからの北衛ツリーは格別です。
仕事でややお疲れ気味に登校する夜間部学生を玄関横で迎えてくれます。
ツリーの光に心も癒され、授業に身が入りますね!

いつも元気な夜間部1年生です

この時期の夜の北衛は外から見てもキラキラと輝いています。


もともと、北衛の周囲は救急センターや地下鉄駅があり車通りも多く
夜になってもとっても明るいのですが、
ツリーの光でより明るく学生の通学路を照らしています。



これから学生は冬休みに入ります。
年末は実家に戻り家族やお友達と団欒の時間を過ごすという学生もいるようです。
残り少ない2013年を有意義に送ってもらいたいですね。
学生生活 : comments (x) : trackback (x)
夜間部 春期交流会
やっと暖かくなり、春の花も咲いてきましたね。

1年生は入学してから1ヶ月経ち、
クラス内の親睦を深めるために、
クラス単独で交流会を行いました。

クラス委員長の乾杯から始まり、
皆で作ったお好み焼きを食べ、
自己紹介とお絵かきゲームで
大盛況でした。

   
餅入りのお好み焼きを作りました

   
   みんなでワイワイ!

   
恒例の
『学生さん!お絵かきですよ〜』ゲーム


自己紹介は入学してから4回目と
なりましたが、自己紹介の度に
新しい発見があります。
まだまだ、皆さんネタを
隠し持っているのですね!

この3年間でクラスの皆さんが
どのように育っていくのか、
今から楽しみです。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

2,3年生は学年間の交流を図るため、
合同で行いました。

   
    司会役の3年生

恒例の『2年生から3年生へ質問タイム』
では、質問された3年生が
「臨床実習を乗り切るコツは、
実習指導官の歯科衛生士さんと
仲良くなれるように
コミュニケーションを取る事」と
答えていました。

2年間乗り越えてきた先輩方だからこそ
言える言葉ですね。

   
「実習は楽しくなきゃダメだ」と熱く語る工藤教育学長

2年生も3年生もガンバレ〜!!
学生生活 : comments (x) : trackback (x)
昼間部 身内実習
皆さん、こんにちは。
先日9/8(土)9/15(土)北衛の大イベント。身内実習が行われました。
この実習は、家族や友達をモデル患者としてご招待し、歯科衛生士が行う歯石除去やブラッシング指導を行う実習です。

口の中には、たくさんの細菌がいます。その細菌が原因で歯茎の病気(歯周病)になります。
病気の原因の一つに、『歯石』が関係しています。この歯石は名前の通り石の様に硬い細菌の塊で歯ブラシでは取り除く事ができません。除去するには、鎌の形に似た『スケーラー』という専用の器具を使います。
この器具を扱う事に初めは慣れない為、とても苦労し何度も練習を重ねてきました。


1年生の初めは、マネキンを使い歯石除去の練習をしました。
最近では、学生同士が患者役になり、実際の口の中で歯石除去をし、衛生士としての技術を高めてきました。
それと同時に毎日の講義では、歯科医療に必要な知識も学び成長してきました。




今回の実習は、歯科医院で行う歯科衛生士の業務を一通り行います。
実習の流れとしては〜患者への治療説明・歯周病の検査・歯石除去・ブラッシング指導・フッ素塗布〜と、一人で一人の患者を最初から最後まで担当します。
モデル患者とはいえ、今までの成果を発揮する場でもあり、学生の表情は緊張していましたが治療が進むと同時に、緊張もほぐれ学生も笑顔で対応していました。
参加していただいた学生のお母さんは、娘の成長ぶりに涙を流している場面見られました。
治療後のアンケート結果では、『また参加したい』と多くの方から言葉をいただき、学生達も安心したように見うけられました。


10月から1年間、歯科医院等の実際の医療施設で実習を行う『臨地・臨床実習』が始まります。
学校とは違い、歯科の知識の他に社会の厳しさも学ぶ場所でもあります。
辛い事もあると思いますが、頑張って学んでほしいと思います。
今回の身内実習でモデル患者役の方々は、学生の成長を感じていただけたと思いますが、さらに、成長する姿を楽しみにこれからも、彼女達を応援していただきたいと思います。
学生生活 : comments (x) : trackback (x)
夜間部3年生 身内患者歯石除去実習
先日より夜間部3年生の身内患者歯石除去実習が3回に渡り行われております。
この実習は学生の親や友達を学校に招き、お口をお借りして3年間の集大成として様々な知識・技術を提供する実習です。
実習内では学生が身内の口の中を診査し、それぞれの患者さんに必要なブラッシング指導や歯石除去の計画を立案しそれに沿って処置を行います。




1年生の時は器具を持つ手がぎこちなく、うまく使いこなせず「向いていないのでは・・」と嘆いていた学生もおりましたが、今では器具や器材を駆使しすっかりプレ歯科衛生士になっていました。






実習の中で教わった事を忠実に守り、訓練を重ねていく事で「手技」というものは
必ず自分のものにする事ができます。
夜間部の学生は、仕事と学業の両立で大変だったかと思いますが、その「手技」がこの3年間でしっかりと身につき、成果が出たのではないでしょうか。



患者として協力していただいた身内の方々も学生の成長に感激している様子で、
帰られる時には「口の中がすっきりした」「今日を期に歯ブラシを頑張ろうと思いました」などの感想を頂きました。

既に3年生は3月の歯科衛生士国家試験に向けての対策勉強が始まっています。
これから数が月間、これまで学んだ事を整理し勉強を重ね、春にはそれぞれの夢に向かって一歩を踏み出して行く事を目標に頑張ってほしいと思います。
学生生活 : comments (x) : trackback (x)