ホーム > 歯科衛生士学科について

歯科衛生士学科について

歯科衛生士は国家資格を持つ
口腔保健のスペシャリスト。
夢実現の第一歩がここから始まります。

次代を担う歯科衛生士
求められる知識、技術はもちろん、
豊かな人間性を培い、
スペシャリティを十二分

生かすことのできる人材育成
目指しています。

  • 1年次に学ぶこと
  • 2年次に学ぶこと
  • 3年次に学ぶこと

1年次に学ぶこと

座学と校内実習を中心に
歯科衛生士としての基礎を固めます。

1年次は、科学的思考や人間と生活といった基礎分野を学ぶとともに、歯、口腔、疾病、健康について専門的な学習も行います。
また、歯石除去や保健指導など歯科衛生士として重要な科目は実習も多く行います。

〈修学分野〉
基礎分野、専門基礎分野、専門分野

PICK UP CURRICULUM

歯科予防処置(1年次)
手用スケーラーの基本操作を学びます
主要3科目は3年間を通じて段階的に学んでいきます。歯科予防処置は、歯科の二大疾患である「う触」や「歯周病」を予防する為の処置を学びます。1年次は座学で基礎知識を身につけ、実習で手用スケーラー(一番基本となる歯石を取る器具)の基本操作を模型を使用して学びます。
歯科保健指導(1年次)
歯磨き方法の種類・名称等を学びます
主要3科目のうち歯科保健指導は、患者さん等に対して適切な教育・指導ができるようになるための知識・技術を習得します。1年次は歯を自分で清掃するためのブラシやフロス(補助用具)は種類が多いため、その中から適切な物を選べるように知識を身につけます。
歯科診療補助(1年次)
基礎的な歯科材料の知識を身につけます
主要3科目のうち、1年次の歯科診療補助では、座学の授業で、治療で使用する材料の取り扱いについて基礎的な知識を学び、実習で印象材やセメントの練和、歯の模型作製を行います。
歯科衛生士概論
歯科衛生の基本的な知識を学びます
歯科衛生士を目指す上で必要な基礎的な知識について学びます。保健・医療福祉の概念や歯科疾患の概要を知り、歯科衛生士の果たす役割、業務上の義務と責任についての理解を深めます。また、医療人としての基本的な態度・心構えについても養います。

2年次に学ぶこと

臨地・臨床実習が多くなりより現場に
近い環境で専門知識と技術
を深めます。

後期からは特に臨地・臨床実習が中心となり、現場に近い環境で専門知識と技術を効率的に学び、歯科衛生士としての実力をつけます。同時に実習報告会なども行い、自分の学習の進度をしっかり把握します。

〈修学分野〉
基礎分野、専門分野、選択必修分野

PICK UP CURRICULUM

歯科予防処置(2年次)
歯石除去の相互実習等、
専門性が高くなります
主要3科目の2年次で学ぶ内容は、より専門的になります。歯科予防処置では、実際の歯科診療ユニットを使用して、学生同士で歯石除去の相互実習を行います。歯周病の程度を見るための検査やフッ素塗布も学びます。また、家族等を対象とした身内実習も年に一回程度実施します。
歯科保健指導(2年次)
すぐ実践できるトレーニング
について学びます
2年次の歯科保健指導実習は、学生同士の相互実習にて、ブラッシングや食生活指導など、すぐに実践できるトレーニングを繰り返し行います。
歯科診療補助(2年次)
学生同士での相互実習を行います
2年次の歯科診療補助実習は、実際の治療を想定し、学校内にて学生同士で相互実習を行います。診療器具や材料の受け渡し等、共同作業を行い、実践に備えます。
歯科接遇作法
医療人としてのマナーを学びます
歯科衛生士を目指す上で、患者さんへの接し方は非常に重要です。医療従事者、一人の社会人として、必要な接遇、人とコミュニケーションについて、具体的に表現するテクニックを身につけるため、実際にロールプレイ等を行い、実践的に学びます。

3年次に学ぶこと

国家試験合格と、歯科衛生士として
広く活躍するために専門的な力と
総合力
を身につけます。

最終学年となる3年次では、これまで学んだ内容をふまえ、実際の歯科衛生士に求められる力を総合的に身につけます。 また、国家試験対策にも積極的に取り組み、確実な力をつけていきます。

〈修学分野〉
専門分野、選択必修分野

PICK UP CURRICULUM

歯科予防処置(3年次)
より高度な器機を使用して実践します
主要3科目、最終学年の3年次は、対患者実習が主となります。歯科予防処置は、電動ブラシによる口腔洗浄、超音波スケーラーなど、より高度な技術が要求される器機の使用法や、歯科衛生士によるプロフェッショナルケアの流れを学びます。
歯科保健指導(3年次)
症例の検討・実践を行います
3年次の歯科保健指導は、さらに一歩進んで、高齢者・寝たきり・小児・矯正中の患者さんに必要なブラッシング法や清掃器具を選択できる能力を養うために、症例の検討・実践を行います。
歯科診療補助(3年次)
歯科医師との連携を実践的に学びます
3年次の歯科診療補助は実践を想定した歯科医師との共同動作の訓練をします。また、より専門的な実習として、歯を白くする審美歯科の知識を身につける体験実習等も行います。
口腔筋機能訓練法
口まわりの筋肉を正しく使えるようトレーニングします
歯並びの悪い人、発音の悪い人、口元の美しくない人は、唇、頰、舌などの筋肉のバランスがとれていない場合が多く、原因の多くは遺伝的ではなく、後天的なものであることを理解します。授業では、正しい舌の位置、使い方、口唇筋の訓練法を学び、正しい発音を理解し、自分でもできるようにします。

カリキュラム